BLOG ブログ

ホームぺージの訴求力を磨く

ホームぺージの訴求力を磨く

ホームぺージ(HP)やラインディングページ(LP)における「訴求力」が重要になってきました。

今はどこの企業でもHPやLPを作る時代。作るだけではなくいかにうまく訴求するかが鍵となります。

私どもは企業向け(BtoB)のHPやLPの制作を支援するケースが多いのですが、いつも遭遇するケースが、

 ・デザインやテンプレートをホームぺージ制作会社が作り、

 ・構成、文言、文章は依頼した企業が考える

というパターンです

今まではこの作り方でよかったのでしょうが、拝見すると、いくつかの問題が見えてきます。

例えば

 ・そもそも、依頼する企業側の「文章力」「訴求力」がうまくない

 ・従って、いくら綺麗にデザインされたページに入れても刺さらない

という問題があちこちで見られます

最近は、Googleアナリティクス、ヒートマップなどの解析ツールも充実してきており、「顧客に刺さっているかどうか」が数値で可視化できるようになりました。

こうなると、大事なのは「いかに訴求するか」「いかに文章力を高めるか」になります。

例えば、製造業などで多いのが

 「品質が安定している」という表現で自社の特長をそのまま訴求しているケースです。

この表現は抽象的すぎて具体性にかけ、見る人が見ても面白くありません。「品質が安定していると何が顧客のメリットになるのか」「何の品質が安定しているのか」まで訴求しないと顧客には刺さりません。

例えば、訴求の仕方を変えてみると、

 「ロットごとの品質が安定しており、過去1年間では、99.9%が○○の範囲に収まっています」

 「それにより、顧客の受入検査の工数を大幅に削減することができます」

という表現に変えることもできます。

こうすることで、何の品質がどう安定し、それが顧客にどうメリットがあるかを可視化し、顧客側もそれに共感することができます。

しかも、こういった改良が必要と思われる箇所が全ページにわたって存在するのです。

HPやLPは作るだけの時代はもう終わりました。

 

CONTACT
お問い合わせ

お問い合わせは、コンサルティングの
申し込みではなく、「改善への入り口」です。
まずは、お気軽にご相談いただくことが
改善への第一歩となります。